市場や消費者が見えてくる

時代は刻一刻と変化している。
情報がこれだけ氾濫した世の中だ。
市場の流れやニーズの変貌は大きく、それに呼応してか消費者の意識や行動の変化も著しい。
掴み所が無いように思える。
どれだけ市場が変貌し情報が氾濫しても、何一変わらないものが有る事に気付けば何も恐れることは無い。
今も昔も、そしてこれからも変わらないものが有るとしたら、それは、人の心理だろう。
消費者が購入に至るまでの心理は、今も昔も何ら変わっていない。
そう思うと、掴み所が無い様に思えていた市場や消費者が見えてくる。
やれTwitterだFacebookだ、今度はInstagramだと右往左往している場合では無い。
道具に振り回されていては本末転倒だ。