情報の発信をテーマにカンファレンス(一部抜粋)

テレビなんかでは「町おこし」の話題をよく目にするよね。
「全国に向けて情報発信をしていきたいと思います。」なんて決まり文句だよね。

確かに全国に向けて情報を発信して世の中の人に存在を知って貰うと言う事は意義がある事だと思うね。

様々なメディアに取り上げられたら良いだろうね。
そうしたら商品が売りやすくなるだろうね。
まあ、そんな甘い物じゃないだろうけど。

でも、我々みたいな中小企業やお店ではなかなかメディアなんかに取り上げられることも少ないだろうね。

そうだよ、希有なことだよ。

メディア、メディアって言うけど大袈裟すぎるよ。
そんなのもっと軽く考えて、手前物で良いじゃない
テレビや新聞の取材を待っているより、自分たちで作っちゃえばいいよ。

え、どう言う事。
自分たちで作るって、なんだか大事になりそうだね。

作るって言うか、情報を何らかの手段で発信したらそれはその時点でメディアだよ。
立派なメディアだよ。
今の時代だからインターネットを使うのが一番手っ取り早いだろうね。
例えばウェブサイト。
特にブログやツイッター、フェイスブックを利用すれば良いかも知れない。
先ず、考え方を変えなければいけないね。

メールマガジンもそうだろう。
それにアナログかも知れないし、地域的に狭くなるだろうけど紙媒体を使うって言うてもある。
例えば、ニュースレターを印刷してポストに投函する。
昔はやった葉書通信だってそうだ。

アナログだねー
でも、今の時代は返ってそれが良かったりしてね。

また、ネットの話になっちゃうけど、ポッドキャストって言うてもある。
そういえば、前に金沢の話をしていた時にインターネットラジオ局の話もしたよね。

だから、やろうよこれ。